« 呉帝・孫峻と皇后・孫魯班 | トップページ | 2019年10月分ツイッターログ »

2019年11月10日 (日)

呉の四姓の順番

細かい点だけど、某先生の本を読んでいて、「呉の四姓」を挙げる際に「陸、顧~」と陸氏を一番最初に挙げて書いているところが気になった。
私の知っている範囲の史料だと、「顧、陸~」と顧氏を陸氏より先に持ってきているイメージだったので。

『呉志』陸凱伝
「先帝外仗顧、陸、朱、張

『世説新語』政事
「檢校諸顧、陸役使官兵及(後略)」

同 賞誉
吳四姓舊目云:「張文、朱武、陸忠、顧厚。」
注、吳錄士林曰:「吳郡有顧、陸、朱、張,為四姓。(後略)」

『文選』巻28
呉趨行の注、張勃吳錄曰:(前略)四姓,朱、張、顧、陸也。

上に引いた5つの記述のうち、『世説新語』賞誉のものだけ「陸顧」の順番で(逆にすると顧陸朱張だ)、それ以外は「顧陸」という並べ方。顧氏を陸氏より先に挙げているものが多い。
この印象が残っていたから本での順番の違う書き方にちょっと違和感を覚えた。陸氏の人物の方が知名度が高いから~くらいの理
由かもしれないけど。

それと、順序が違うように見えて「顧&陸」「朱&張」という組み合わせはいじられていないね。たとえば「張、顧、朱、陸」みたいな順番は、引用したものの中には見られない。

これらの並べ方には意味があるんだろうか。
①家格の上下
②地理的な近さ
③ルーツの近さ
④語呂が良いから(発音などの関係)
等々、何かしらの理由がつけられるものなのかな。
たとえば親子兄弟も書くときはだいたい目上・目下の順だしちょっと気になる。


(この記事はツイッターで呟いたものをブログ用に一部加筆修正したものです。)

« 呉帝・孫峻と皇后・孫魯班 | トップページ | 2019年10月分ツイッターログ »

江東豪族関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 呉帝・孫峻と皇后・孫魯班 | トップページ | 2019年10月分ツイッターログ »