« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月30日 (土)

孫魯育の改葬

孫峻に殺され石子岡に埋められた孫魯育を改葬したのは孫晧。これは『捜神記』と『建康実録』に記述がある。

(干宝『捜神記』第二巻)

吳孫峻殺朱主,埋於石子岡。歸命即位,將欲改葬之,冢墓相亞,不可識別。而宮人頗識主亡時所著衣服,乃使兩巫各住一處,以伺其靈,使察鑒之,不得相近。久時,二人俱白見一女人,年可三十餘,上著青錦束頭,紫白袷裳,丹綈絲履,從石子岡上半岡,而以手抑膝長太息,小住須臾,更進一冢上,便止,徘徊良久,奄然不見。二人之言,不謀而合。於是開冢,衣服如之。

維基文庫より引用

(『建康実録』)

元興元年…(中略)…以禮葬魯育公主

※元興元年は264年

 

孫晧の前の皇帝である孫休は、孫魯育らのことを理由に孫峻の棺を暴いて印綬を奪ったりしているのに、孫魯育を埋葬し直したりはしていない。
孫休にとって孫魯育は実の姉であり、皇后の実母でもある。先代の政治的混乱が原因となって無残にも石子岡に埋められた彼女について思いを馳せなかったとは思い難いのに、なぜだろうか。


おそらく、孫休は改葬しなかったのではなく出来なかったんだと思う。

『捜神記』によると、孫晧は孫魯育を改葬しようとしたけれど墓を識別できなかったそうだ。
孫魯育が殺害されたのは255年、孫休の即位は258年。3年も経っていたせいで、孫休もどれが誰の墓か判別できなかったのだろう。
孫晧が孫魯育の墓を見つけ出せたのは巫に霊視(?)させるという方法をとったからであり、孫休は巫に霊視させて姉の墓を識別したろ!とは考えなかったんだろうね。

ちなみに『捜神記』のこの逸話の一つ前に孫休と覡の話が載っている。孫休も巫や覡を信じていなかったわけではないみたい。



(この記事はツイッターで呟いたものをブログ用に一部加筆修正したものです。)

2019年11月26日 (火)

陸機「弁亡論」に出てくる人名と出てこない人名

陸機の「弁亡論」には、『三国志』呉書に立伝されている人物の名が多く挙げられている一方で、挙げられていない名も多い。


【『呉志』の列伝と「弁亡論」に列挙される人物表】
Photo_20191126170801


「弁亡論」に名前が挙げられていないが『呉志』に立伝されている人
宗室全般、張紘、カン沢、程秉、厳畯、薛綜、徐盛、朱治、陸瑁、朱拠、吾粲、全琮、鍾離牧、周魴、胡綜、是儀、劉惇、諸葛恪、滕胤、濮陽興、王蕃、韋昭、華覈

「弁亡論」に名前が挙げられているが『呉志』に立伝されていない人
孟宗、丁固、范慎、鍾離斐、張惇、趙咨、沈珩

「弁亡論」に名前が挙げられていないが『呉志』に立伝されている人物は、附伝を含めるともっといる
張休、顧邵、顧譚、顧承、諸葛融、薛ク、薛瑩、唐固、朱異などなど

父子で「弁亡論」に名前が挙げられている人
張昭・張承、陸遜・陸抗、朱然・施績。祖父と孫なら賀斉と賀邵。歩闡は反乱した枠で名前が出てくるので、歩騭父子は他と毛色が違う


・韓当、歩騭などは子孫が魏に亡命・謀叛した。諸葛瑾の子孫は罪を得て族誅された。陸機は子孫の行いと当人への評価は切り離した上で「弁亡論」に取り上げている。作中に名前が挙げられていないのは子孫の行動が原因、とはならない。

・諸葛氏族誅の原因となった諸葛恪だが、陸機は自作「顧譚伝」の中で孫登の元に集った傑物として真っ先に彼の名を挙げている(『呉志』顧雍伝裴松之注)。陸機は諸葛恪を評価していなかったわけではないのだろう。「弁亡論」でいう孫亮期の「姦回」とやらに諸葛恪は含まれていないと思う。



(この記事はツイッターで呟いたものをブログ用に一部加筆修正したものです。)

2019年11月21日 (木)

姻戚関係にあっても仲が良いとは限らない

姻戚関係にあるから仲が良い、はすべての人に当てはまるわけではない。

『晋書』華譚伝
戴若思弟邈,則譚女婿也。譚平生時常抑若思而進邈,若思每銜之。

 

「戴若思の弟・邈は華譚の娘婿だった。華譚はふだんから若思を抑えて邈を進めた。若思はいつもこれを銜んだ」

戴若思の弟は華譚の娘を妻にしており、この関係から華譚は義弟を優先したため、戴若思は華譚を恨んだという。
姻戚だからといって仲が良いとは限らないという晋代の一例。
こういう「縁戚だけど仲が悪い」という関係性の人たちが三国時代にもいたかもしれない。

というか、義理の親子兄弟になったからといって仲良しこよしになるわけじゃないのは現代でもそうなんだから、この二人が特別おかしいわけではないんだろうね。

なお、華譚も戴若思も広陵の人で、それぞれ父祖が呉に仕えていた。ただ呉の時代から両家に姻戚関係があったかどうかはわからない。なかったともいえないけれど記述がない以上はなんとも。


(この記事はツイッターで呟いたものをブログ用に一部加筆修正したものです。)

2019年11月20日 (水)

2019年10月分ツイッターログ

2019年10月分のツイッターログ


10月27日

・「卿母安在?」
「與汝父大義不篤,以此負汝。」
孫権は息子の孫登を卿呼びして、陸抗を汝呼びしてる。厳密な使い分け方はわからんけどなんとなく逆のイメージだった。

・ちなみに謝景のことは君呼びしてた。
「君與太子從事,異於他吏。」


10月28日

・呂拠のとった行動が悪い意味で孫綝に大きな影響を与えたのかも

・孫休は「じゃあなぜ二人も流罪か奴隷にしなかったんだ」と孫綝に言い返してるけれど、呂拠と滕胤の行動を見て流罪か奴隷で済ませられるかなあ

・そういう話じゃなくて、何と言おうとお前を殺します宣言してるだけなんだろうけど


10月29日

・朱夫人の兄弟を殺した下手人は丁奉。孫亮の命令だったとはいえ、朱夫人が皇后に立てられたとき丁奉は内心ドキドキ😰してた説

・孫亮廃位前の朱兄弟殺しに関与
・孫休の孫綝誅殺に関与
・真偽不明だが陸凱の孫晧廃位計画に関与
政変あるところに丁奉あり


10月30日

・陸抗が子沢山なのは、陸遜の息子が少ないこと(長男は早世)による私がやらねば感と、自身が命の危険を感じる経験をしてきたからかも。たとえば諸葛恪誅殺なんかも身近(妻)に危機が迫った出来事だった

・なら同じく子沢山の陸瑁も命の危険を感じる経験をしてきたかというと…。一応陸康や陸績のことで思うところはあったかもしれない。あとは兄の陸遜に息子が少ないのを見て私がやらねば感が生まれたんや、たぶん

2019年11月10日 (日)

呉の四姓の順番

細かい点だけど、某先生の本を読んでいて、「呉の四姓」を挙げる際に「陸、顧~」と陸氏を一番最初に挙げて書いているところが気になった。
私の知っている範囲の史料だと、「顧、陸~」と顧氏を陸氏より先に持ってきているイメージだったので。

『呉志』陸凱伝
「先帝外仗顧、陸、朱、張

『世説新語』政事
「檢校諸顧、陸役使官兵及(後略)」

同 賞誉
吳四姓舊目云:「張文、朱武、陸忠、顧厚。」
注、吳錄士林曰:「吳郡有顧、陸、朱、張,為四姓。(後略)」

『文選』巻28
呉趨行の注、張勃吳錄曰:(前略)四姓,朱、張、顧、陸也。

上に引いた5つの記述のうち、『世説新語』賞誉のものだけ「陸顧」の順番で(逆にすると顧陸朱張だ)、それ以外は「顧陸」という並べ方。顧氏を陸氏より先に挙げているものが多い。
この印象が残っていたから本での順番の違う書き方にちょっと違和感を覚えた。陸氏の人物の方が知名度が高いから~くらいの理
由かもしれないけど。

それと、順序が違うように見えて「顧&陸」「朱&張」という組み合わせはいじられていないね。たとえば「張、顧、朱、陸」みたいな順番は、引用したものの中には見られない。

これらの並べ方には意味があるんだろうか。
①家格の上下
②地理的な近さ
③ルーツの近さ
④語呂が良いから(発音などの関係)
等々、何かしらの理由がつけられるものなのかな。
たとえば親子兄弟も書くときはだいたい目上・目下の順だしちょっと気になる。


(この記事はツイッターで呟いたものをブログ用に一部加筆修正したものです。)

« 2019年10月 | トップページ