« 魯王孫覇は優秀だったか? | トップページ | 呉の四姓の順番 »

2019年10月27日 (日)

呉帝・孫峻と皇后・孫魯班

『魏志』毌丘検伝裴注に引く『魏書』の「遂得入吳,孫峻厚待之」という部分について、ちくま訳の第4巻該当箇所では「かくて呉に入ることができ、〔呉帝の〕孫峻に厚遇された」と訳されている。
おそらく第4巻は『呉志』ではないということから、孫峻がどういう立場の人物だったかを補足しようとしてくれたのだろう。
それがなぜか呉帝になってしまった(笑)

孫峻は呉の帝ではないからこれは誤りではあるのだけれど、別にそれを非難するためにここで取り上げるわけではない。逆に、そう思われるような立場の人ではあったのかもなあと思う。
そして、「呉帝」孫峻ならば腑に落ちる記述が『呉志』にある。その点について覚書として簡単に書いておく。

(『呉志』孫峻伝)
峻素無重名,驕矜險害,多所刑殺,百姓囂然。又姦亂宮人,與公主魯班私通。


孫峻は権力を持つようになると宮人を姦乱し、公主の魯班と私通したという。
この記述、孫峻が呉帝であれば納得がいく気がする。なぜなら皇帝が宮人に手をつけるのは当たり前だから。

さらに孫魯班は、全夫人を積極的に孫権にすすめたいわば後見人。まだ幼いと思われる皇后・全氏に代わり皇后代理として後宮をおさめていたのではないだろうか。

皇帝と皇后は夫婦なのだから、男女の関係があっても何の不思議もないのである。

孫峻伝の記述はそういうことだったんだね。きっと孫魯班は母親の歩夫人にならって呉帝・孫峻に宮人を多く推進したのでしょう。


皇后・孫魯班の雲行きが怪しくなるのは呉帝・孫峻が崩御なさってから。なんと跡継ぎが二人も現れて、権力争いをするようになってしまったのだ。
跡継ぎの一人は孫亮、もう一人は孫綝。
皇后代理・孫魯班は弟の孫亮を支持し、ライバル孫綝の縁者である朱熊・朱損の殺害などを画策していく。

忘れてはならないのは、孫魯班はあくまで皇后代理であって、実際に皇后の座にいるのは全夫人という点である。
皇后が幼い時分には後見人として権勢をふるうことのできた孫魯班だったが、皇后が成長するにつれ不安を抱くようになっていった。この娘ははたして自分を尊重するのだろうか、と。
なぜなら皇后・全氏は孫亮の妃でありながら、彼と敵対する孫綝の従姉の娘でもあったからだ。

(『呉志』孫綝伝)
孫綝字子通,與峻同祖。(中略)亮內嫌綝,乃推魯育見殺本末,責怒虎林督朱熊、熊弟外部督朱損不匡正孫峻,乃令丁奉殺熊於虎林,殺損於建業。綝入諫不從,亮遂與公主魯班、太常全尚、將軍劉承議誅綝。亮妃,綝從姊女也,以其謀告綝。


(『呉志』妃嬪伝全夫人の条)
孫亮全夫人,全尚女也。(尚)從祖母公主愛之,每進見輒與俱。及潘夫人母子有寵,全主自以與孫和母有隙,乃勸權為潘氏男亮納夫人,亮遂為嗣。


(『呉志』妃嬪伝朱夫人の条)
建興中,孫峻專政,公族皆患之。全尚妻即峻姊。故惟全主祐焉。(中略)太平中,孫亮知朱主為全主所害,問朱主死意?全主懼曰:「我實不知,皆據二子熊、損所白。」亮殺熊、損。損妻是峻妹也,孫綝益忌亮,遂廢亮,立休。


孫峻と孫綝は祖父を同じくする従兄弟(いとこ)である。
全尚の妻は孫峻の姉である。全夫人の母親は孫綝の従姉である。
朱損の妻は孫峻の妹である。すなわち朱損の妻は全尚妻=全夫人母と姉妹であり、孫綝の従姉にあたる。


孫峻のときは孫魯班自身が孫峻と私通していたので立場は安定し、孫亮も幼く孫峻との権力争いには至らなかった。
しかし、孫峻が死んで孫綝が実権を握ってからは状況が変わる。
まず、孫綝と孫魯班には私的なつながりがなかった。少なくともそうとれる記述は見られない。さらに孫亮が成長したことにより、孫綝との間に確執が生まれたのである。

他方、孫亮が成長すると共に、全夫人もまた成長していった。
幼い頃から全夫人を可愛がり後見人的立場となった孫魯班だったが、孫亮と孫綝が対立するようになると雲行きは怪しくなっていく。全夫人の母親は孫綝の従姉だったからである。

成長した全夫人が実の母と後見人の孫魯班を天秤にかけた場合、どちらを重んじるか。
孫綝に権力が集中すれば自身の立場が脅かされる危険性があると孫魯班は考えたのだろう。

こうしたことから、孫亮が成長したこと、自身が孫綝と親密な関係を築けていないことを考慮して、孫魯班は実弟の孫亮へ積極的に関わるようになっていった。
孫亮が孫綝の一族の力を削ごうとするのは、立場を保持しようとする孫魯班にとっては得なことだったといえよう。朱熊・朱損殺害もそんな対立構造の中で起きた事件と思われる。そしてこのとき殺された朱損の妻こそが孫綝の従姉、すなわち全夫人の母親の姉妹だった。

『呉志』妃嬪伝朱夫人の条によれば、孫峻の妹を妻にもつ朱損が殺されたことで孫綝は孫亮を忌んだという。
ならば、朱損の妻の姉妹である全夫人の母親の感情は? 孫亮のみならず、事件に関わっていた孫魯班をも恨んだとしても不思議ではない。そして、母の感情が娘である皇后・全氏に影響を与える可能性は否定できないのである。

もはや皇后・全氏との関係が良好に保てるかどうかも楽観視できない状況になっていた。
だから孫魯班は孫亮の孫綝誅殺計画にも関与した。これにより孫亮政権における自身の影響力を強めようと意図したのだろう。孫綝の誅殺が成功すれば、孫亮は協力者を厚遇するはずだからだ。

結局この計画は成功しなかった。
事情を知った全夫人母が孫綝に密告したためである。結果、孫亮は廃されて孫魯班は都から追放されたのだった。

孫亮と孫綝の仲が険悪になるにつれて、全夫人を通してその母と孫魯班もまた水面下で対立していった、かもしれない。

« 魯王孫覇は優秀だったか? | トップページ | 呉の四姓の順番 »

呉関連」カテゴリの記事