« 記事目次(二宮・夫人関連) | トップページ | 魯王孫覇は優秀だったか? »

2019年9月23日 (月)

姚敷

呉の人物である姚信の父親の名を「姚敷」だとする出典はなんだろうと気になっていたんだけど『新唐書』かな。

(『新唐書』巻74下)

姚姓,虞舜生於姚墟,因以為姓。陳胡公裔孫敬仲仕齊為田氏,其後居魯,至田豐,王莽封為代睦侯,以奉舜後。子恢避莽亂,過江居吳郡,改姓為媯。五世孫敷,復改姓姚,居吳興武康。敷生信,吳選曹尚書。

維基文庫より引用


姚信の一族については姚察・姚思廉のことは知っていたが他にも名前のわかっている人がいるんだね。
「遜外生」が陸遜の姉妹の子を指すとすれば、陸遜の姉妹が嫁いだ相手はこの姚敷ということになる。陸遜や顧邵に近い年代の人なんだろうか? そうだとすれば、息子の姚信は顧譚・顧承兄弟と年が近かったとも考えられるかも。
また、『新唐書』のこの情報からは、姚敷が呉朝において官位を得ていたかどうかがわからない。仕えたけれど書かれていないのか、仕えていなかったのか、仕える前に亡くなったのか。

ところで姚信自身について、裴松之は姚信の集から陸鬱生のことは紹介しているのに姚信自身の情報は残していない。孫弘や袁夫人などは野史から僅かながらも補足しているのになぜだろう。
興味がなかったか、うっかり忘れたか、実はちゃんと注釈を入れていたのがどこかで抜け落ちたか。
姚信の子孫は続いていて、裴松之自身も姚信の集を史料として引っ張り出しているのに、姚信本人の情報は見つけられなかったというのはないように思うが。そして姚信は字いくつ持ってるんだ。



関連記事:
時系列と姚信のこと
姚信と姚察と姚思廉
賀循+α


« 記事目次(二宮・夫人関連) | トップページ | 魯王孫覇は優秀だったか? »

江東豪族関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記事目次(二宮・夫人関連) | トップページ | 魯王孫覇は優秀だったか? »