« 名無しの権兵衛 | トップページ | 孫権夫人:謝氏、徐氏、潘氏、歩氏の記述について »

2019年8月 6日 (火)

諸葛恪の妻

『江表伝』に諸葛恪の妻は陸遜の娘だと書いてある
という書きこみを中国の掲示板で見たことがあるんだが、もう十数年も前のことだからその掲示板がどこにあったのかわからなくなってしまった。

記憶にある範囲では、その書きこみの後に別の人物が 「『江表伝』はすでに失われている」と指摘していた。それに対する先述書き込み者の返信は、自分が確認した限りではなかった。

本当なのか嘘なのか気になり過ぎてもう十年以上朝か昼か夜にしか眠れていない。
もし本当ならさすがに話題になっていそうだし、あの書きこみ以外に同様の発言を見たことがないのでどうかなあと思いつつ絶対にあり得ないとも言い切れないのでもどかしい。だって張氏―諸葛氏―陸氏には一応姻戚関係があったわけだし。そしてさらに、陸遜には娘がいたと思われるので(ただし存在が確認できる陸遜の娘は西晋の時代まで生きていたと思われる)。

投稿者が嘘をついたわけではなくとも、何かの逸文を見て勘違いした可能性や、誰かの創作を信じたケースなども考えられる以上、「可能性は否定できないけれど記述が見つからない以上はわからない」としか言いようがない。
仮に諸葛恪の妻が陸遜の娘だとしたら、『捜神記』の諸葛恪誅殺時の逸話に出てくる妻が陸氏ということになるのでそれはそれで悲しいことになるな。

もし本当にどこかで見たなら私が朝昼夜以外も眠れるようになるために教えて欲しいっすねえ。


関連記事:
陸遜の娘=陸抗の姉妹

« 名無しの権兵衛 | トップページ | 孫権夫人:謝氏、徐氏、潘氏、歩氏の記述について »

呉関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名無しの権兵衛 | トップページ | 孫権夫人:謝氏、徐氏、潘氏、歩氏の記述について »