« 笑い上戸 | トップページ | 諸葛恪の妻 »

2019年7月26日 (金)

名無しの権兵衛

 

(『呉志』孫登伝)
江表傳曰:登使侍中胡綜作賔友目曰:「英才卓越,超踰倫匹,則諸葛恪。精識時機,達幽究微,則顧譚。凝辨宏達,言能釋結,則謝景。究學甄微,游夏同科,則范慎。」衜乃私駁綜曰:「元遜才而疏,子嘿精而狠,叔發辯而浮,孝敬深而狹。」所言皆有指趣。而衜卒以此言見咎,不為恪等所親。後四人皆敗,吳人謂衜之言有徵。

 

この記事すごく気に入らないな。
賓友目とやらは諸葛恪、顧譚、謝景、范慎らが自分で作ったわけじゃない。孫登の命令で胡綜が作ったものだ。その作品に乗じる形で、羊ドウは私(こっそり)駁(反論)し、彼らの欠点をとりあげた。指趣があったとはいうがそれはあくまで羊ドウ視点のものに過ぎない。悪口じゃん。こんなことをいきなり言われたらそりゃ不愉快にもなるよ。

しかし、羊ドウは彼らが生きている間に自分の考えを自身の言葉で述べた。発言の責任を自分で負って、結果を自分で受けた。だから羊ドウが気に入らないわけじゃない。
鬱陶しいのは四人が皆敗れた後、おそらく死後に羊ドウの言葉には兆しがあったのだと言ったらしい名無しの誰か。結果が出てから他人の悪口に便乗するな。あと諸葛恪、顧譚はともかく謝景、范慎は敗れてないだろう。

この記事に限らず名有りの発言を盾にして誰かを批判する名無しや外野から非難する名無しが散見されるけどこの人たち何? どこ住み? ていうか誰だよ。

« 笑い上戸 | トップページ | 諸葛恪の妻 »

呉関連」カテゴリの記事