« 陸氏は孫和を支持しなかった説 | トップページ | 時系列と姚信のこと »

2019年5月18日 (土)

二宮についての雑感

『呉志』に太子派または魯王派として名前が挙げられる人物の共通点はその事件で命を落としたか追放されていること。呉安、孫奇、諸葛恪の息子なんて事件に関わっていたと突然名前が出てくる。そのことで殺されたからだ。
逆に言うと、事件に関わっても生き延びた、あるいは事件と関係なく死んだ者についてはほとんど触れられていないということではないか? このことが何を意味するかはわからない。


処罰された人物の記述を読むと、そうなった理由はおそらくこうだろう。
孫権が新政権樹立を急いで反対者を弾圧した結果であると。
殺されたり追放された人たちの行動のタイミングを見ると、そうなんじゃないかと思う。


張休や陸遜、吾粲、顧譚らは、孫覇の政権を立てるために排除した。
朱拠や屈晃、張純、陳正らは、孫亮の政権を立てるために排除した。
なぜなら彼らは太子廃嫡を反対したことによって新政権の反対者と見なされたから。だから弾圧された。

彼らの行動は孫和への支持と必ずしもイコールではないと思う。屈晃などは反対の理由として「この時期はまずい」と言っているのでそういうことだろう。
ところが孫晧が自分の正統性を主張するために、太子の変更に反対した者を孫和を認めて支持した者としてすり替えた。だから『呉志』はややこしくなってしまった。これまで考えてきた上でそんな印象を受けた。

私は『呉志』が孫和派とされる人物を守っているとは思わない。編纂の都合でやってもいないことをやったように書かれているのはこの人たちの方だからだ。名前の書かれていない者の方がよほど守られていると感じるね。

その名前の書かれていない者というのは主として『通語』に列挙された人物のことだが、これを「呉志に書いてないので通語の間違い」と簡単に切り捨てるのには賛成できない。『通語』の著者は当時のことを知っている(または聞かされている)と思われ、その記述には当時の人々の認識が反映されているかもしれないからだ。
そもそも『通語』には名前が挙げられてはいても具体的な行動は記されていない。そのため名前が挙げられるなら皆が皆吾粲や朱拠のようにわかりやすい行動をとったはずだという先入観が生まれ、彼らが行動した時期以外のエアポケットに動いた者がいることや、消極的支持者がいたかもといった可能性を潰してしまっているのでは。


私見では顧譚は「太子と王を同じ宮殿で生活させるのは後々面倒なことになると思う」という上疏以外の行動はしていない。ただここから孫和が太子である状況を肯定しているとは受け取れる。殷基はそれを孫和支持と見なして『呉志』同様に顧譚を太子派として分けたのかもしれない。
たとえば是儀や羊ドウなども、彼らの上疏から孫和が太子である状況を維持する向きが見られることから、どちらかに分けるなら孫和支持者として私も書く。顧譚も、また他にもそういうパターンで名前が出ている人物がいる可能性は考えられるわけだ。
滕胤などは伝自体が未完成の状態なので、実は行動を書こうと思っていたが間に合わなかったなんてこともあるかも。


先に述べたように、『呉志』に行動が記されている人物は大きな局面で行動して損害を受けた者がほとんどで、それ以外の者たちについては省略されたのではと考えられる。それとは別に、孫晧が自身の正統性を主張するために孫和についた者として陸遜や顧譚といった名望のある人物の名前を挙げたのだとしたら、孫覇についた者の名は逆に伏せるだろう。歩騭といった名望のある人から父は支持されなかったなどと書く理由がないからだ。

嫡庶を長幼とするのは研究者の論文にでも書いてあるんだろうか? 仮に嫡庶に長幼の意味があるとしても当時長幼について述べた人物は見当たらないし、わざわざ嫡庶を長幼という言葉に置き換える必要性がまるで感じられないんだが。


関連記事:
二宮の変の太子派について
全皇后と張妃
時系列と孫覇の年齢
陸氏は孫和を支持しなかった説
ターゲットは顧譚ではなく張休

« 陸氏は孫和を支持しなかった説 | トップページ | 時系列と姚信のこと »

呉関連」カテゴリの記事